治療前後の様子

他院で目の下の皮膚を切開すると言われ、その時は治療を断念したそうですが、皮膚自体のたるみはないため、皮膚切開の必要はありません。

目の下のたるみ治療(経結膜的下眼瞼形成術)を行いました。

※治療4ヶ月後

治療前写真と比較すると、たるみが消えややつり目傾向だった目元が解消されたと同時に目の縦幅が広がり、顔全体で見ると目が“ぱっちり”としました。

このように下眼瞼形成術を適切に行うと、目の下のたるみの改善のみでなく、目元全体の若返リおよび美容効果が得られます。

※治療前

とくに左目のたるみが強く、そのための影がクマとなって目立ちます。

治療後の皮膚のたるみやシワを心配されていましたが、治療後には皮膚は収縮すると判断し、たるみ治療を行いました。

※治療1ヶ月後

たるみの強かった左目の下の皮膚も縮み始め、皮膚のたるみはほとんど目立ちません。

ご本人は目の下の色素沈着と右目の下のしわ等を気にされています。

このような症状は時間の経過とともに改善します。

もし、早期に改善を望むのであれば、スキンケア治療を行うとよいでしょう。