精子の状態を改善するには?男性不妊の70%は原因不明。

基準値よりも精子の数が少ない、運動率が悪いなど、精液検査の結果(精液所見)がよくない場合は、精液所見を悪くさせている原因を突き止めることが大事だ。

また,精液中に精子が見あたらない場合には、精子がつくられているのかどうかを調べる必要がある。

精液所見が悪い場合、その多くは精子をつくる機能に問題がある「造精機能障害」だと考えられる。

造精機能障害の人でその原因がかったうち,最も多いのが「精索静脈瘤」である。

また、数が少ないが比較的見つかりやすい原因としては、ホルモン分泌異常(低ゴナドトロピン性性腺機能低下症)がある。

現在、このふたつが造精機能障害の原因と判明した場合は効果的な対策法があるか?それ以外社今のところ対策法が確立 れていないのが実情(である。

また男性不妊の約70%は原因不明である。

それは、検査法の進歩が整っていないからで,あとで述べるように,遺伝子や精子機能の検査が整えば,この割合はもっと下がるはずだ。

いずれにしても、原因がわからないからといってAmazonでヴィトックスαを探すことなく子どもを諦めるのは早い。

原因がわからない造精機能障害を「特発性造精機能障害」というが顕微授精の発展により、妊娠の可能性は以前より格段に上昇している。