体外受精の生産率と女性の年齢。

妊娠率や生産率が体外受精を受ける側にとって見えにくいのは、分子と分母の問題だけではありません。

たとえば、体外受精を受ける女性の年齢の問題があります。

妊娠率は、女性の年齢が35歳を境に急カーブで落ち始め、通販でベジママなど妊活サプリを買い漁る40歳を過ぎると妊娠がかなり難しくなってくるのが現実です。

そして年齢が高くなるほど流産率も高くなります。

不妊治療歴の浅い20代の女性にも積極的に体外受精をすすめているところと、40代の女性の学診者が占める割合が高いところとを、同じ土俵で語ることはできません。

IVFLesson17・体外受精の生産率は15.7%。

※「妊娠数」という分子に注目する。

主要施設の高度生殖医療の実績が明らかになった。

私はこれまで、さまざまなメディアを通して体外受精などの高度生殖医療は一種のギャンブルであると述べてきました。

ギャンブルに勝つためには、どこに賭けるか、つまりどの医療機関を選ぶかにかかっているといっても過言ではありません。

しかしながら、医療機関選びの指標となるべき妊娠率や生産率が不透明である現状において、高度生殖医療を考えているカップルは、何をよりどころとすればいいのでしょうか。

2006年3月5日付け読売新聞朝刊の「病院の実力」というシリーズに『主要施設の高度な不妊治療の実績』という一覧表が掲載されました。

これは、日本産科婦人科学会に高度生殖医療をおこなう施設として登録されている医療機関のうち、より高度な技術が必要とされる顕微授精までを実施できる378施設を対象に、2004年1月から12月までの1年間の不妊治療実績をアンケート調査したものです。

この調査で263施設(70%)から回答があり、そのなかで体外受精などの高度な不妊治療による妊娠総数が10件以上と回答した202施設の一覧表が掲載されました。

私がこの表を見てまず感じたのは、わが国における現在の主要な医療施設が網羅されているということです。

この企画に関しては、私自身も読売新聞社の取材を受け、意見を求められました。

そして、このアンケートでは、非常に公平な設問が用意されていました。

私見ですが、高度生殖医療が視野に入った場合、この202施設の中から選ぶというのは最低限のルールのように思います。

なぜならこの一覧表では、妊娠総数に占める35歳以上の比率、母子の安全とも深く関係する多胎率、さらには標準的な体外受精1回あたりの費用といった、あまり聞いてもらいたくない、答えたくない設問にもきちんと数字を出しているからです。

また、紙面では触れられていませんでしたが、アンケートには、「常勤エンブリオロジストの数」「不妊カウンセラーの有無」「培養施設専用の非常用電源設備の有無」等が、設問として用意されていました。

すなわち、このアンケートに回答した医療機関は、その数字は各々の医療機関が提出したものを信用するしかないにしても、アンケートに対してフェアープレー精神をもって対応していると思うのです。

裏を返せば、この一覧表に掲載されていない施設というのは、高度生殖医療による1年間の妊娠総数が10件に満たない施設、もしくはなんらかの理由でアンケートの回答を拒否せざるを得なかった施設ということになります。

読売新聞社の許可を受け、『主要施設の高度な不妊治療の実績」一覧表から妊娠総数が年間50以上の施設を抜粋して、巻末に掲載しています。

その理由は、これによる妊娠例が年間50以上であれば、その医療機関の体外受精や顕微授精などの医療水準が信頼できると推察されるのみならず,ラボの安定度も高いと考えられるからです。

私がそのように考えるのは、年間50の妊娠例があるということは、年間500以上の採卵および培養があると推察されるからです。

すなわち「熱帯魚の水槽」のたとえに話を戻すと、培養器という水槽が24時間「ON」の状態で稼動している可能性が高いということです。

このサイトでもくり返し述べてきたように、高度生殖医療は,妊娠率の平均が20%強、生産率が15%のギャンブルのような医療です。

ましてその妊娠率や生産率が藪の中である現状において、妊娠数はある程度客観的な指標となるでしょう。

カップル自らが納得して治療に臨むためにも、どの医療機関を選ぶかの重要性は、どれだけ強調してもし過ぎることはないと、私は思います。

Doctor’s column I。”香り”が叩く記憶の扉

「プルースト効果」という言葉をご存じでしようか。

文豪マルセル·プルーストの代表作失われた時を求めて』の冒頭。

主人公がマドレーヌを紅茶に浸した香りをきっかけに、幼少時代に夏休みを過ごした街の記憶が蘇ってくる、という描写にちなんだもので、匂いがそれにまつわる記憶を呼び覚ます現象として知られています。

世に出て既に一世紀を経ようとしているこの名作は、脳科学や心理学など多くの科学者をも惹きつけ、今もさまざまな検証がなされています。

興味深いのは、嗅覚から想起される記憶は、五感の他の刺激に比べて極めて情緒的であり、かつ正確であるという事実。

かつて中国では、その民族の歴史や民話を語り継ぐ際に、居合わせた人々に香料の入った小瓶を回したといいます。

後に別の誰かにその話を伝える時にも、同じ香りの小瓶を回ずことで、鮮明な記憶が再現できるのだとか。

ある種の香木や精油は、古くから祈りや瞑想、癒しを深めるためのツールとして大切にされてきました。

香りが呼び覚ますのは、一人ひとりの生きてきた時間の中での記憶だけでなく、時には魂の記憶ともいうべき深遠な叡智や、人類の集合記憶などもあるのかもしれませんね。

ワキガ対策デオドラントクリームのクリアネオの評判の良さも、クリアネオの香りが、プルースト効果で人々に愛されているからなのかもしれません。

治療前後の様子

他院で目の下の皮膚を切開すると言われ、その時は治療を断念したそうですが、皮膚自体のたるみはないため、皮膚切開の必要はありません。

目の下のたるみ治療(経結膜的下眼瞼形成術)を行いました。

※治療4ヶ月後

治療前写真と比較すると、たるみが消えややつり目傾向だった目元が解消されたと同時に目の縦幅が広がり、顔全体で見ると目が“ぱっちり”としました。

このように下眼瞼形成術を適切に行うと、目の下のたるみの改善のみでなく、目元全体の若返リおよび美容効果が得られます。

※治療前

とくに左目のたるみが強く、そのための影がクマとなって目立ちます。

治療後の皮膚のたるみやシワを心配されていましたが、治療後には皮膚は収縮すると判断し、たるみ治療を行いました。

※治療1ヶ月後

たるみの強かった左目の下の皮膚も縮み始め、皮膚のたるみはほとんど目立ちません。

ご本人は目の下の色素沈着と右目の下のしわ等を気にされています。

このような症状は時間の経過とともに改善します。

もし、早期に改善を望むのであれば、スキンケア治療を行うとよいでしょう。

目の下のたるみを治す

目の下のたるみは、加齢にともなって脂肪を支える皮概要膚の組織がゆるみ、押し出され、たるんだようになった状態です。

老けた印象を強め、この状態を放置すると、たるみだけでなく、やがてシワも深くなります。

治療は、目の下の裏の粘膜からレーザーを入れ、下まぶたの皮膚をたるませている脂肪を摘出します。

ポイントは、取り除く脂肪の量を適切にバランスよく調整すること。

そのあと、下まぶたの皮膜を下か54糹上します。

この操作によって、脂肪を取り除いたあとの目の下の皮膚は自然とリフトアップされ、シワができることもありません。

来院される約8割の方が、この施術を受けます。

高周波のレーザーを使い、目の下の粘膜に小さな穴をあけて入っていきます。

局所麻酔を使うので、痛みはありません。

たるみの主な原因である脂肪を、ていねいに少しずつ取り除きます。

下まぶたの脂肪は、内側、中央、外側と3個の房状構造になっているので、各部位から均一に適量の脂肪を取り除くことが重要です。

一つの部位から過剰な脂肪をとると、くぼみやシワを発生される原因になるからです。

余分な脂肪を取り除き、まぶたの皮下組織を平らにしたら、皮膜を引き上げるようにもどします。

皮膚の弾性作用で、脂肪を取り除いたあとの皮膚は自然とリフトアップされます。

下のまぶたをひっくり返し、レーザーが入っていく進入経路です。

下まぶたの裏の粘膜から入っていくので、目の下に傷を残す心配はまったくありません。

下のまぶたの脂肪の前方から進入することで、たるみの直接の原因になっている目の下の脂肪の突出具合を正確にチェックし、調整しながら取り除くことができます。

止血が終わったら施術は終了。

粘膜は再生力がたいへん強いので、糸で縛ったりしなくても、そのままで自然治癒します。

これで目の下の圧迫要因(脂肪)が取れて、瞳が下がって目が以前より大きく見えます。

目の下のたるみの主な原因である余剰脂肪を適切に除去すると、上転傾向にあった眼球が正常位に修正されるので、目の開きが良くなり、目元はぱっちりした印象に改善されます。

精子の状態を改善するには?男性不妊の70%は原因不明。

基準値よりも精子の数が少ない、運動率が悪いなど、精液検査の結果(精液所見)がよくない場合は、精液所見を悪くさせている原因を突き止めることが大事だ。

また,精液中に精子が見あたらない場合には、精子がつくられているのかどうかを調べる必要がある。

精液所見が悪い場合、その多くは精子をつくる機能に問題がある「造精機能障害」だと考えられる。

造精機能障害の人でその原因がかったうち,最も多いのが「精索静脈瘤」である。

また、数が少ないが比較的見つかりやすい原因としては、ホルモン分泌異常(低ゴナドトロピン性性腺機能低下症)がある。

現在、このふたつが造精機能障害の原因と判明した場合は効果的な対策法があるか?それ以外社今のところ対策法が確立 れていないのが実情(である。

また男性不妊の約70%は原因不明である。

それは、検査法の進歩が整っていないからで,あとで述べるように,遺伝子や精子機能の検査が整えば,この割合はもっと下がるはずだ。

いずれにしても、原因がわからないからといってAmazonでヴィトックスαを探すことなく子どもを諦めるのは早い。

原因がわからない造精機能障害を「特発性造精機能障害」というが顕微授精の発展により、妊娠の可能性は以前より格段に上昇している。