年間に約1000人を治療。目元のケア

私が東京·銀座にクリニックを開院したのは2005年。

それ以前、目の下のクマやたるみの改善のための治療は、皮膚を切開して脱脂する方法が一般的でした。

けれど、患者さんにしてみれば、切られるのは怖い。

実際に治療をためらう人も多かったようですそんな中、私のクリニックが行ったのが、レーザーにより、脂肪を除去するという方法だったのです。

皮膚を切らないので安全、傷跡も残らず、治療効果も良好。

患者さんの心理的負担も軽く、それまで目の下の治療をためらっていた多くの方々に歓迎されました。

年間に約1000例、これまでに計約7000例の症例数を実施しています。

※なぜ安全で、確実か?

従来の治療法のリスク…従来の切開による治療法は、傷あとが残ったり、皮膚を過剰に除去した場合,目元がいわゆる。

あっかんべーの状態になるなど、後遺症をともなうリスクがつきまといました。

また、単に目の下の脂肪を取り除くだけの脱脂治療では、中高年層以降の方々に行った場合、あとで目の下に窪みやデコボコが生じたり、シワが増える可能性も無視できませんでした。

そのため、比較的若い方だけに限定的に行う、ということもあったのです。

※…若い人からシルバー世代まで…

皮膚を切開せず,目の裏(結膜)側からレーザーを用いて行うアイデザインの治療は,従来のメスを使った手術とは異なり、痛みはなく、傷跡も残りません。

時間も約30分ほどで、体への負担も少なくてすみます。

ただ脂肪を取り除くだけの脱脂2ではなく、それを支える組織などを含めて,公式販売店のアイキララでクマやたるみの原因を探り,皮膚全体のバランスを調整します。

だから,治療後の目元が自然で美しいのです。

脂肪を取り除くのは、あくまで治療の一過程です。

この治療は、若い人から高齢の方まで,年代を問わず、良好な結果が得られます。

※一生に一度の治療でOK

効果は永続的00.アイデザインの治療では、バランスを考えながら脂肪を適切に除去し、目の下にある軟部組織の調節を行って、皮膚が理想の位置に自然に引き上げられるようにします(再ポジショニング)。

手がける医師には、レベルの高い治療技術はもちろんのこと、女性の美しさや魅力を引き出す美的センスも求められます。

その結果、クマやたるみが解消されるだけでなく、魅力的な目元が実現します。

そして、その効果は一生続きます。

つまり、治療は一生に一度受けるだけでいいのです。

※再手術の必要はなし.

私のクリニックには、他医院で脱脂治療を受けた後、目の下のクマやたるみが再発し、再治療を望む方たちがたくさん来院されます。

二度目の治療は可能ですが、一度目の治療で皮膚組織の粘膜にできた瘢痕組織と呼ばれる傷跡の影響で、二度目の治療が少し困難になることがあります。

また、治療後のむくみが長引く場合もあります。

目の下のクマやたるみ治療は、原則的に一生に一度のみ。

また、そのことを確約できる施設で行うべきでしょう。

※患者さんに優しい3つのポイント

ポイント1.後遺症なし皮膚切開をしないので、傷跡などの後遺症がありません。

自然な結果が得られ、その効果は永続的です。

ポイント2.ダウンタイムの短さ治療後のダウンタイム(社会復帰までの時間)がほとんどなく、誰にも知られないまま、良い治療結果が得られます。

ポイント3.アンチエイジング効果目の下のクマ、たるみが解消されるだけでなく、上まぶたの凹みや目の開きも改善され、顔全体のアンチエイジング(若返り)効果が得られます。